複合機のレンタルにかかる費用とは

複合機をレンタルする際にかかる費用としては基本部分の月額と、オプションを付けた場合はそのオプション費用がかかる形になります。実際の金額についてはレンタルする複合機の性能や契約期間、オプションの有無などさまざまな条件によって変わってくるため何とも言えませんが、例えばオフィスに置くような大きなサイズの複合機を2年契約する場合だと1ヶ月当たり1万2000円くらいかかることが多く、5年などの長期契約になると1万円を切るような形になります。基本的には契約期間が短いほど金額は高くなりますから、レンタルで利用する場合には今後長く使うことを前提として選んだほうが良いでしょう。また複合機自体の料金とは異なりますが設置・撤去に際して搬入・搬出費用が請求されることもありますから、この点も忘れずにチェックが必要です。

レンタルしている複合機のメンテナンス費用はどうなる?

複合機のレンタルということでよく疑問とされるのが機械のメンテナンス費用です。自社で買い上げたものであれば自社が費用を支払ってメンテナンスをするというのはわかりやすいのですが、レンタルの場合は所有権が別の業者にあります。また自社に来てから故障が起きた場合には果たしてこちらが悪いのか、それとも借りる前から不調があったのか判断が付かないことも多いでしょう。ではこうしたレンタルしている複合機のメンテナンス費用はどうなるのかというと、これは基本的に貸し出している業者が負担するものとなっています。こうした点は業者によっても扱いの差が大きいため思い込んでしまうことは禁物ですが、おおよそのレンタル業者であればメンテナンス費用は業者側負担としていますので利用する側はある程度安心して利用できると言えます。

追加費用を払って搭載できるオプションとは

複合機のレンタルでは別途費用を支払うことでオプションを付けてもらえることが多いです。具体的なオプションとしては自動でホチキス留めをしてくれるフィニッシャーや穴開けをしてくれるパンチユニット、万が一の情報流出に備えるデータセキュリティなどがあり、必要に応じて選ぶことが可能です。いずれも複合機の基本機能であるコピーやスキャン、FAXといった機能を直接改善するわけではありませんが、必要に応じて導入すると複合機を使用する際の手間が大きく省けることになります。作業にかける時間やトラブル発生時の対応コストなどを考えると追加費用を支払ってでもオプションを付けた方が良いケースもありますから、ここはレンタル契約を結ぶ際に業者側としっかり話し合って導入するかどうかの判断をしましょう。