複合機のレンタルで気をつけること

オフィスの必需品である複合機を導入しようとする際に考えなければならないことは沢山あります。メーカーの数だけでも非常に多くありますし、それぞれのメーカーが販売している機種のラインナップを考えれば選択肢は非常に幅広くなります。その中から自分の目的に過不足ない性能を持っている機種を選択するのは大変な作業です。性能の良さばかりを追求すると必要のない機能に大金を支払うことになりかねませんので、どのような機能を求めているのかを明確にすることも大切です。複合機を導入してどのようなことがしたいのかを明確にすることが出来ればそれぞれのメーカー、または代理店が適切な機種を紹介してくれるようになりますので、詳しい知識のない一般人でも適切な選択が可能になります。

複合機のレンタルを行う場合の第一歩について

複合機を導入する方法には大きく分けて三種類あります。複合機本体を購入する方法の他に所有権を持たない5年程度のリース契約、そして月額料金のレンタル契約の三種類です。これらの選択肢のどれが最もメリットがあるかはどの程度の期間どのように使用するかで決まりますので一概には言えません。しかしとりあえず数か月から1年程度という比較的短期の運用を想定している場合にはレンタルにメリットが出やすいといわれています。契約の際にはレンタルサービスを提供している業者に問い合わせをして相談するのが良いでしょう。どのような機種をどの程度の期間レンタルするのかによって金額が変わってきますので、あらかじめレンタルに関するプランを明確にしておくことは大切です。過不足の無いサービスを比較的短期間利用したいという場合においてレンタルは最も優れた選択肢です。

注意しておきたい消耗品の契約について

複合機を導入する場合、コスト面を意識しないケースはあまりありません。複合機の場合には消耗品がありますので長期間運用するのであれば十分に意識しておかなければなりません。レンタル契約の場合には一般的に使った分だけ支払うというスタイルになるのが一般的ですが、レンタル業者やレンタル期間によっていくつかの選択肢が選べる場合もあります。複合機における主な消耗品としてはプリントに使用するトナーが挙げられます。レンタルではこの消耗品を着とるか立ち絵運用することが出来る契約と、使った分だけ支払いを行う従量課金の二種類から選ぶことが出来る場合が多くなっています。どのような使い方をするのかによってどちらがおすすめであるかが変わるため、最低限の知識を身に着けてから選択するようにすべきです。