複合機のレンタルをすることのメリット

オフィスで使用する事務用品はたくさんの種類があり、安いものから高いものまであります。そのような事務用品ですが、高額なものでは印刷やコピー、FAXなどの機能がある複合機があり業務用のものでは、数十万円ものから百万円を超えるものまで、機能などによって価格の差が大きいものになります。しかしそれほど高額なものを揃えるとなると経費がかさむことになり、また不備なく使用するにはトナーなども予備を常に揃えておかなければいけないなどの、維持費の問題もあります。また通常業務時にはそれほど多く印刷などをしない場合には家庭用のものでも間に合うこともありますが、繁忙期などに大量に使用するときだけ業務用の複合機が必要となることもあります。その際にはレンタルすることで、費用を抑えることができます。

レンタルとリースは違うものになります

複合機を利用するときに一番良い方法は購入して使用することになり、会社などの所有の設備として利用できるので、手違いで壊してしまっても会社内で対処することができるので、周りに影響を与えることはありません。しかし複合機を購入するということは、高額な買い物となるので簡単に行なうことができません。そこで選択肢に挙がるものが、レンタルやリースとなります。レンタルとリースは似たように感じる人もいますが、大きな違いがあるものになります。複合機のリースをする場合には法人が対象となり契約期間が5から7年ほど必要になり中途解約はできませんが、商品を新品から選ぶことができ初期費用はかかりません。一方でレンタルの場合には個人法人が対象となり、数日から3年ほどの使用期間で中途解約ができ、商品を選べず初期費用がかかります。

複合機のレンタルのいいところは

高価な業務用の複合機ですが、平常時と繁忙期とで使用頻度が違ってくるため、リース契約をしていると費用対効果が悪いときがあります。しかしレンタルをすることは使用期間を短期間にすることもでき、必要な時期だけ借りるという方法も取れるため、経費を抑えることにもつながります。そのようなレンタルですがデメリットもあり、リースに比べて毎月の支払い金額が高くなることや、搬入や搬出にかかる初期費用がかかることが挙げられます。利用期間にもよりますがリースよりもレンタルの方がトータル費用では高くなることがあるので、契約する際にはよく確認をすることが大切になってきます。またレンタルするかリースにするかの判断としては、利用期間が3年以上か3年以内かによって使い分けるようにしましょう。

業界最安値の見積り価格をご案内します。 導入後の保守契約も業界最安値をお約束します! コピー機導入時のパソコン設定もおまかせください。 お見積りをご依頼いただいたお客様には、見積り比較表をお送りします! 最短でご依頼当日にお見積りをお出しします! お見積りはインターネットなら365日受付中です! Mac対応の複合機もありますので、お気軽にご相談ください! 複合機のレンタル一括お見積りはこちら